心理学基礎用語ナビ

コンサルテーション/consultation

consultationというのは、その言葉の通り、相談をしたり、専門家から助言を受けたりすることを指します。
何らかのトラブルを抱えているクライアントと密な関係を築いている人に対してカウンセラーが提案や助言を行います。
ここで言う密な関係を持つ人というのは、家族をはじめ、学校現場で言えばクライアントの担任教師などが該当します。
ただし、注意が必要なのは、コンサルテーション時にカウンセラーが直接クライアントや関係者に解決法を与えるわけではないということです。
これらのクライアントと近しい人たちが、彼ら自身の力によって、クライアントの抱えている問題を自力でサポートできるようにアドバイスします。
要するに、カウンセラーは直接的にクライアントに働きかけるのではなく、間接的にサポートするというわけです。