心理学基礎用語ナビ

芸術療法/art therapy

人間は誰しも思っていることを表現して誰かに知ってもらいたいという欲求を内に秘めています。
作品として完成した物だけではなく、創造していく課程においても鑑賞することで自己治癒へとつなげるという考え方があり、これは先述した人間の表現したいという欲求と深く関係しています。
このような心理療法を芸術療法と呼びます。言葉に表す事のできない心の奥深くに眠っている感情をダンスや絵画に置き換えて表現することで、心を癒していきます。
絵画などの作品にはクライアントが無意識に関している思いが映し出されるのでクライアントの心情を読み解くために用いられます。
その他にも音楽療法や詩歌療法、箱庭療法も芸術療法の種類の1つです。