心理学基礎用語ナビ

インテーク面接

クライアントと呼ばれる相談者に対して初めに行う面接のことをインテーク面接と言います。
初回面接や受理面接という呼び方をすることもあります。
カウンセリングを行う目的を明確にして、クライアントがどのような問題を抱えているのか把握することがインテーク面接の目的です。
また、この際にカウンセリングが可能かどうかを確認して、できるようであれば今後の治療の方針を定めます。
とにかくクライアントの状況把握と抱えている問題についての解決策を探ることが大きな目的です。
なお、クライアントの氏名や生年月日、家族構成や現病歴、学業の成績といったカウンセリングに役立ちそうな情報はこの時点でヒアリングします。